在宅翻訳アカデミーとは?講座の内容と受講生の評判まとめ!

ABOUTこの記事をかいた人

菊之進

働く20代のためのビジネス情報専門家。明るく、楽しく、幸せにがモットー!

どうも!菊之進です。

今回は、プロの翻訳者を育成する「在宅翻訳アカデミー」についてまとめました。講師の浅野正憲氏はどんな人物か?講座の内容や料金がどのようになっているかなども分かりやすくご紹介します。

そのほか、在宅翻訳アカデミーの評判や口コミ、メリット・デメリット、他の翻訳スクールとの違いについても解説します。「在宅翻訳アカデミーを選んでも大丈夫かな?」と不安に思われている方は是非ご覧ください。

在宅翻訳アカデミーの無料講座こちらです。

それではどうぞ!

1.在宅翻訳アカデミー講師の浅野正憲氏とは?

<在宅翻訳アカデミーの浅野正憲氏>

①経歴

浅野正憲氏は、就職活動の時に翻訳の仕事に出会いその魅力に取り憑かれました。その後彼は、翻訳スクールや通信講座で2年間学んだものの全く稼ぐことができず、悔しい思いをします。

その気持ちをバネに翻訳に関する研究を積み重ね、3年目に晴れて翻訳者としてプロデビューを果たしました。それからは順調にマイクロソフトやアップル、フォード、ポルシェなどの大手企業から安定的に仕事を引き受けることに成功しています。

現在彼は、日本一稼げる翻訳者の育成を目指して「在宅翻訳アカデミー」を設立、1年で250名以上のプロの翻訳者を輩出するという快挙を成し遂げました。

自身の体験をベースにした短期間で稼げる翻訳者を育成する講義と、親切かつ丁寧な指導には抜群の定評があり、英語力を活かして副業で稼ぎたいという主婦やビジネスパーソンに人気です。

②実績

浅野氏は、IT企業や外国車販売会社、電気機器メーカーといった大手メーカーから数多くの翻訳依頼を受けた実績のあるプロの翻訳者です。

そんな彼が設立した在宅翻訳アカデミーでは、これまでに1,000名を超える指導実績があり、1年で250名以上のプロの翻訳者を輩出しています。受講生の中には、最短40日で翻訳者デビューした人や年収1,000万円を達成した人もおり雑誌やTVでも注目を集めました。

③メディア出演

浅野氏のメディア出演歴をまとめました。

(1)テレビ出演

  • 2020.3.14『Girls Happy Style』に出演
  • 2020.3.15『カイシャを伝えるテレビ』に出演
  • 2020.4.17『ホリプレゼンツ求人任三郎がいく!』に出演

(2)雑誌掲載

2019.11.07「2020年度版 新時代のヒットの予感!!」に掲載。

(3)ニュースサイト

2020.03.02「Yahoo!ニュース」に掲載。そのほか、朝日新聞やexciteニュースなど計50社以上のニュースサイトで掲載される。

(4)つり革広告

2019.12.15「都営三田線、都営新宿線」の吊り革広告に起用。

④人柄

私は浅野氏に何度もお会いしています。「誠実で明るい人」というのが私が彼に対して感じた第一印象です。悩みがあれば親身に相談に乗ってくれる優しい性格の持ち主です。

講師の中には小難しい話を淡々と話す人がいますが、彼はその逆です。誰でも分かる様な言葉を使って理解がすすむ講義をしてくれます。万が一、分からないことがあっても心配いりません、懇切丁寧に教えてもらえます。

以前に、私が浅野氏にインタビューを行った音声動画がありますので、宜しければぜひ、聞いてみてください。彼の印象や雰囲気がとてもよく分かります。

浅野正憲氏に翻訳者で稼ぐ方法を直撃インタビュー!

インタビュー1:在宅翻訳アカデミーで稼ぐ方法を教えてください!【Part1】
インタビュー2:在宅翻訳アカデミーで稼ぐ方法を教えてください!【Part2】
インタビュー3:在宅で仕事ができる!翻訳者の魅力とは?在宅翻訳アカデミーの浅野正憲氏に直撃インタビュー

2.在宅翻訳アカデミーの翻訳者育成講座について

<在宅翻訳アカデミーのセミナー風景>

稼げるプロの翻訳者を育成する「在宅翻訳アカデミー」の概要についてご紹介します。

①講座の特徴

在宅翻訳アカデミーの講座の特徴は主に次の4点です。

  • 最短40日でプロ翻訳者デビューを目指せる
  • 翻訳者になるために捻出する時間は1日1時間でOK
  • 年齢・学歴・経験を気にせず受講できる
  • TOEICスコアは500〜600点あれば大丈夫

これらの特徴は他にはない「在宅翻訳アカデミー」独自のものです。

②講座の内容

メンバー限定サイトに用意された特別講義動画を視聴しながら「翻訳の基本テクニック」を習得します。プロの翻訳者が実際の翻訳文を訳しながら解説する様子を見て、訳文を作るプロセスや思考力などを鍛えることが可能です。

また、提供される練習用英文から実際の訳文をつくりメンバー限定サイトで答え合わせをする機会も用意されています。講義内容の一覧は次のとおりです。

講義内容一覧

  • 翻訳の基本テクニックの習得
  • 翻訳に必要な”辞書”の効率的な使い方
  • 翻訳会社のトライアル類似問題レビュー
  • 海外企業ホームページの翻訳レビュー
  • 翻訳会社に提出する履歴書(CV)の書き方
  • 優良翻訳会社の選定方法
  • 一流翻訳者になるためのステップアップ

トライアルとは、在宅翻訳者が翻訳会社と契約する際に受ける翻訳試験のことです。この試験を経て翻訳会社が安心して仕事を任せられるかどうかを判断します。

③翻訳者デビューまでの道のり

プロ翻訳者として活躍するまでの道のりです。

  1. 翻訳のやり方を覚える
  2. 翻訳の練習をする
  3. 履歴書(CV)を作成する
  4. 翻訳会社にCVを送る
  5. 書類審査に通ったら、翻訳会社のトライアルを受験する
  6. トライアルに合格したらプロ翻訳者として仕事を開始する
  7. 実績を作りつつ経験を積む
  8. 優良な翻訳会社のトライアルに合格する
  9. 翻訳会社から安定して仕事を受ける

在宅翻訳アカデミーでは、上記の流れで受講生の能力アップをサポートします。

④選べる学習方法

(1)オンラインコース

翻訳スキルをオンラインで学べるプログラムです。月に1度のセミナーや年に数回行われる交流会にも参加できます。今までに1,000人以上が受講している人気のコースです。

▷コースの内容

  • 会員サイトの提供(講義動画を視聴できる)
  • 認定講師によるグループチャットでのサポート(期間中質問無制限)
  • CV(履歴書)の添削サービス
  • 月1回の勉強会&懇親会
  • 交流イベント(2ヶ月に1回程度)
  • トライアル合格奪取!ブートキャンプ参加権利(毎月開催/参加条件あり)
  • トライアル合格者限定チャットに無料招待(仕事紹介や合格者限定の勉強会や交流会)
  • トライアル合格後に役立つ様々な講義&セミナー(※有料のものもあり)
  • 浅野正憲完全監修!翻訳する上で欠かせない翻訳メモリと用語集の提供(※有料)

プロの翻訳者になるために必要なステップとポイントが凝縮されています。

(2)マンツーマンサポートコース

オンライン講座カリキュラムに加えて、個別のカリキュラム作成と、週1回のプロ翻訳者による直接指導が受けられます。最短最速でプロの翻訳者を目指せるプログラムです。

▷コースの内容

  • オンラインコースの内容全て
  • 自身に合わせた稼げる翻訳者になる為の個別カリキュラム作成
  • 認定講師との個別チャットによる期間無制限マンツーマンサポート
  • 認定講師による週1回60分の直接指導(計24回)(ZOOMを使ったオンライン通話でも可能)
  • 浅野正憲完全監修!CV添削

東京都 西新橋に実店舗があります。通学が難しい方はオンラインのテレビ電話(ZOOM)で直接指導を受けることができます。

⑤料金・費用

在宅翻訳アカデミーには2種類のコースがあります。各コースの料金は次の通りです。

受講スタイル料金
オンラインコース298,000(税別)
マンツーマンサポートコース498,000(税別)

数ある翻訳スクールの中では安価な料金ですが、簡単に払えるような金額でもありません。まずは無料の講座をお試しいただくことをお勧めします。

⑥無料講座

在宅翻訳アカデミーには、一切の費用がかからない無料講座が用意されています。無料と言えども中身は充実しており、翻訳者を目指す人にとって役立つ内容となっています。

▷無料講座で学べること

  • 在宅で翻訳者としてデビューし稼ぐための具体的な行動の起こし方
  • 最短40日でプロ翻訳者を目指す秘訣
  • 浅野氏がたった半年で年収を5倍にした努力の集大成
  • 勉強を続けるためのメンタルセットの作り方
  • 英語学習に最適な英語アプリ集
  • 仕事効率を3倍上げるITツール活用法
  • トライアル類似問題でよくある引っ掛けパターン
  • 翻訳速度を上げるための翻訳支援ツール(CATツール)の使い方

無料講座だけを受講し、在宅翻訳の起業家としてプロデビューを果たした方がいらっしゃいます。少しでも気になった方は是非受け取ってください。定員に達し次第、募集を締め切りますので、お早めにどうぞ。

無料講座を受講された方の声(2019年8月6日)

浅野先生が、教材としての全ての動画の中で、淡々と語られていることは、正にご自身の体験に根差しているものであり、一貫性があり、且つ一般常識を覆す先見性のある寛大な考え方に大変感銘を受けました。今回の無料講座を受講して、小生の今までの翻訳者に対するイメージが完全に変わり、是非、在宅翻訳者に挑戦したいという強い意欲が湧きました。

引用:https://youtu.be/kQWK4buFdYk

3.在宅翻訳アカデミーの評判・口コミ

<在宅翻訳アカデミーの講師と受講生>

在宅翻訳アカデミーの受講生の生の声をお届けします。

40代(女性、講座開始6ヶ月と10日でトライアル合格)

翻訳者になること、それは私の長い間の夢でした。

翻訳学校に通った経験もなく、英検もTOEICも、誇れるような学歴もなく、ましてや英語関係の仕事をしてきたキャリアなどなく、通勤時間往復4時間、フルタイムで働き、勉強する時間もないという、「ないないづくしの私」には、翻訳者になること、それはいつまでたっても「ただの夢」でしかなく、近づく方法さえ分かりませんでした。

でも、浅野先生の在宅翻訳アカデミーに出会ってからは違いました。

「どうしたらその夢に最短で近づくのか」が明確でした。

それは、「英文和訳者」になる方法ではなく、「プロの翻訳者」になるための最短最速の実践的な方法だったからです。

先生の動画講座は、独学では決して学ぶことのできない「プロになるための秘密」が満載でした。

トライアルの類似問題レビューでは、一流の翻訳者による翻訳方法、リサーチの仕方、プロ翻訳者の使用すべき辞書、就職試験に使うような一般的な履歴書ではなく、「トライアル合格のための履歴書」の作成方法から、なんと!正しいビジネスメールの送り方まで、何度でも繰り返しみることのできる動画で教えていただきました。

この動画のおかげで自宅ではパソコンで、通勤電車ではiPadで、動画を繰り返し見続けることができました。

翻訳練習の途中に少しでも分からないところがあれば、自分だけの個別チャットで質問させていただきました。

浅野先生にとっては辟易するような初歩的な翻訳の疑問についても、時間をおかず丁寧にお答えいただきました。

最短1分で回答をいただけた時は本当に驚きました。

また、翻訳練習に疲れ自信を失くした時は、「他人と比較するのは一番よくない、自分自身の成長を昨日の自分と比較しなさい。夜明け前が一番暗いんですよ。」と励ましをいただきモチベーションをキープし続けることができました。

先生のさまざまなご指導、細やかなご配慮、激励で初めてのトライアル挑戦で合格を勝ち取ることができました。心からお礼を申し上げます。ありがとうございました。

Mさん(30代 男性、講座開始4ヶ月と20日でトライアル合格)

この度ご縁があって、この翻訳者養成講座に参加いたしました。

普段は企画・デザイン職で地方企業に勤めています。私の体験談と受講の感想を記します。

【きっかけ】

購読している英語の無料メルマガにこの講座の案内があり、興味を持ったのがきっかけです。

大抵こうした勧誘メールは無視するのですが、もともと自分が外国語(特に英語)に興味を持っていたこともあり気にかかっていました。その後、講座の紹介・内容を熟慮した後、オンラインコースに参加する事にしました。

講座を知るまでは単なる英語愛好家に過ぎず、自分が「産業翻訳者」になるとは夢にも思っていませんでした。

【講座参加理由】

(01)まず単純に好奇心が勝りました。興味のある英語を、単なる趣味ではなく、専門家として・仕事として使えるようにしたかったため。

(02)自分の本業とは別の異業種への興味もあり、自分の日常生活の延長でネット環境さえあれば、英語を通じて自身の活躍の場がさらに広がる事に期待しての参加でした。

【よかった事】

(01)自分が興味のある他業種・分野に産業翻訳者として関わる素地ができた事。

(02)通常では知りえない産業翻訳のノウハウを効率よく学べ、実践できた事(講座のカリキュラムがそのように組まれています)。

(03)“海外”というものが、日常においてより身近に感じられるようになった事(たまに、ヨーロッパや中東の業者から引き合いがきます)。この講座を受講して、明らかに自分の視野や見識が大きく変わりました。

(04)浅野先生の対応はとにかく迅速かつ丁寧で、非常に心強かったです。これは、受講生全員が納得しているのではないでしょうか。実際のプロの翻訳者からの生のアドバイスは、学府での一方的な講義とは違う実戦に即した内容ではないかと考えています。また、動画での講座や課題の添削など、だれでもわかりやすい内容がいつでもどこでも学習できる点で具体的に分かりやすい学習ができるのも非常によかったです。

(05)他の受講生の近況やメッセージ交流も大きな助けとなりました。「自分一人ではない」というのは、研鑽を積む上で支えになると思います。

【苦しかった事】

(01)何でもそうですが、コツを掴むまでにとにかく自主学習とトライアル応募を繰り返す必要があります。合格と認められるまでに、試行錯誤・努力・情報収集の継続が必要だった事。

(02)本業が終わって帰宅後に作業をするので、特に平日の時間や進捗の管理が難しかった事。

(03)トライアル課題提出後も、トライアル合格後も、本当に一人前の産業翻訳者として信頼され、案件依頼がくるか漠然とした思いにかられた事。

(04)私は基本的にズボラです。自主学習に疲れたりマンネリ気味になった場合は、断続的に休み期間を置いて続けていました。ずっとガリ勉していた訳ではありません。人間なので緩急をつけることも重要ですが、それが自己嫌悪に感じられる事もあります。

【産業翻訳者への道】

(01)以前にも本業であるデザインの仕事で、一部英訳や和訳の経験があったので、翻訳練習には違和感なく取り組めました。

(02)講座の履修と自主学習で、翻訳者希望者に課せられるトライアルに、講座開始後半年以内で1社目の合格をいただき、その後も少しづつ合格数と経験を増やしています。他の受講生の方と比べると、それほど早い段階ではありません。会社仕事との掛け持ちで続けています。

(03)海外の翻訳者登録サイトに自身のプロフィールを上げた事で、たまにではありますが、問い合わせがくるようになりました。今後は国内外の業者とやり取りをして、産業翻訳の実績を積極的に積んでいこうと考えています。

【今後の課題】

浅野先生の言われる通り、半年の講座期間内に、産業翻訳者としての素地を作ることができました。これは素晴らしい事で一抹の自信になりました。今後、実績を作って安定させるために、さらにプロとしての活動と自主学習を継続していく必要があります。気持ちの継続と目的意識の維持が課題です。

また今後は、翻訳会社からの安定的な案件獲得も、一人前の翻訳者として活動するのに必要なものです。講座終了後は自分が母体になっていかなければなりません。将来の成功を目標に、引き続き研鑽の日々が続きます。いつか、翻訳つながりでご一緒できればうれしいですね。

※これもとにかく、語学や他業種への興味が基盤になっています。逆に飽きっぽい人や他力本願な人にはあまり向いているとは言えません。

Mさん(30代 女性、講座開始5ヶ月と10日でトライアル合格)

トライアル合格は、先生の忍耐強いご指導のおかげです。

私は、最初のライブ講座があった頃、半分「引きこもり」状態だったので(もしかしたら、いまだに?)、皆さんが集まる場所に出かけていく元気がありませんでした。

でも、特にチャットワークが始まってからは、皆さんの足並みが感じられ、だんだん「一緒にやっているんだ」という気持ちが強くなってきました。

私は、もともと高校での留学に始まり、「英語だけは、できる」という自信を持っていたのですが、今回感じたのは、そんなこと殆ど関係がない、ということでした。

特に、先生の専門である産業翻訳系は、理系がまったく弱い私には、「ここはどこ?私は誰?」の世界でした。

それでも、教わったことを地道にやっていたら、幸い今の翻訳会社さんが拾ってくれた、という感じでしょうか。

とにかく、これからもできることをコツコツと、やっていきます。

今、こうしてPCを打っている横には、先生の言葉の数々、「不安は悪いことじゃない」等をプリントアウトしたものが、貼ってあるんですよ。

Yさん(30代 男性、講座開始1ヶ月と20日でトライアル合格)

翻訳自体は未経験でしたが、この講座を受講し、約2カ月で2社の翻訳会社様と契約ができるまでになり、今は副業としてですが、フリーランス翻訳者として活動しています。

本業をこなしながらの受講でしたので、その縛りがなければ1カ月もあれば契約まで進むことが出来たかもしれません。

つまり、それが現実的に可能となる講座であると言えます。

翻訳のプロとしての活動は、一般的に翻訳会社様と契約を交わし、その会社の翻訳者として登録されるところからはじまりますが、そもそも未経験な私にとって、具体的にどのようなプロセスを踏んで契約まで話を進めるのか、まったく見当がつきませんでした。

しかし、講座には、そのプロセスが明確にまとめられており、受講者はそれをフォローするだけで目標を達成できるように作られています。

そして、それでも分からないことがあれば、チャットで浅野先生に直接質問ができます。

先生からの返信は、基本的にすぐに頂けるので、限られた時間で講座の勉強を進めていた私にとっては、時間を有効に使えたと思います。

講座は受講者にWEBコンテンツとして提供され、基本的には、コンテンツ内の動画を見ながら自己学習で進めるというスタイルのため、時間や場所を選ばす学習が可能です。

また、定期的に東京や大阪などでセミナーも企画され、受講者が動画で学んだことについて浅野先生や他の受講者と議論できる場が用意されます。

いわゆる、反転学習型のプログラムです。

WEBコンテンツ内の翻訳学習用の動画は、浅野先生が実際に翻訳作業をされている画面が撮影されたものです。

編集がはいっていないため、浅野先生が訳出しをする際、どんなツールをどこでどのように使い、そして、時に訳出しに試行錯誤しながらも、それをうまく解決するまでのプロセスが共有できます。

実際にプロとして5年以上活躍されている先生の普段の作業が一人称視点で体験できるというのは、画期的だと思いました。

コースのサポートは、受講開始日から6カ月間有効ということなので、期間内であれば、途中で翻訳会社様と契約が決まってプロになれたとしても、サポートは続きます。

現に、今も実務で分からないことがあれば、先生に直接相談することができています。

この講座は、プロになるまで、そしてなってからも、安定して仕事がこなせるようになるまでサポートを続けてくれるので、私の様に本業をこなしながら、短期間で結果を出し、副業として翻訳業を続けて行きたいという方にとっては、ベストな選択ではないかと思います。

4.在宅翻訳アカデミーと他の翻訳会社の違い

<在宅翻訳アカデミー>

①講義内容

一般的な翻訳スクールは、受講生の英語力をアップさせることに重きをおいています。ひたすら単語帳を丸暗記し、文法や構文の勉強して、TOEIC990点や英検1級を取るための勉強が続きます。

どのように学習し何をすれば翻訳者になることができるのか、具体的な方策についてはほとんど学ぶことができないのです。その結果、「翻訳者になりたいのに英語の勉強ばかり繰り返し、翻訳スキルは一向に身につかない」という悩みを抱えた受講生が多数いらっしゃいます。

一方で、在宅翻訳アカデミーは英語力以上に大切である「翻訳スキルの定着」に力を入れています。

翻訳者として活動していく際に必要な単語の訳し方や、分野別の言葉の言い回し表現の裏どりの仕方、辞書の設定から使用方法、翻訳ツールの使用方法などなど。

他のスクールでは学ぶことができない実践的なスキルが身に付けられるようになっています。

②受講時の英語レベル

在宅翻訳アカデミーでは、TOEIC500点台からプロの翻訳者デビューを果たしたという受講生が多数います。

在宅翻訳アカデミー大手翻訳スクール通信制翻訳スクール
TOEIC500点以上〜、英検2級以上〜TOEIC650点以上〜、英検2級以上〜TOEIC650点以上〜、英検2級以上〜

③料金

在宅翻訳アカデミーは他社スクールと比較しても安価です。

※翻訳の学校大手翻訳スクール通信制翻訳スクール
初級〜上級まで全て込みで 3ヶ月258,000円(税別)初級〜上級
その他専門分野
それぞれ120,000円程度10講座受講すると120万円
初級〜上級
その他専門分野
それぞれ50,000円程度10講座受講すると50万円

※翻訳の学校とは、在宅翻訳アカデミーのマンツーマンサポートコースのことです。

なお、在宅翻訳アカデミーでは、完全無料の翻訳講座も開催しています。お悩みの方は最初にこちらを受講することで、翻訳者になるためのエッセンスを掴んでいただけます。(無料講座を受講後、本講座のご案内も届きますのでご安心ください)

5.在宅翻訳アカデミーを選ぶメリット

<在宅翻訳アカデミーの交流会の様子>

数ある翻訳スクールの中でも「在宅翻訳アカデミー」を選ぶメリットについてご紹介します。

①最短コースで翻訳者を目指せる

在宅翻訳アカデミーの受講生は、翻訳会社のトライアルに平均して2〜3ヶ月で合格しています。なかにはTOEICの点数が500点ながら40日程度の学習で合格した人や、わずか8日間で審査を通過した人もいます。

これに対して、ほかの翻訳スクールや講座は、早い人で1〜2年、通常3〜5年かかります。なぜ在宅翻訳アカデミーの受講生は短期間でプロの翻訳者デビューできるのでしょうか?

それは、②講座の内容に示したとおり、プロ翻訳者の育成に特化した講座を実施しているからです。

②翻訳スキルが身に付く教え方

ほとんどの翻訳学校では、正しい翻訳文だけ見せて、どのように正解を導き出したかというところまで教えてくれません。これに対して、在宅翻訳アカデミーでは、プロの翻訳作業を見ることができます。

プロがどのようなツールを駆使して翻訳をしているのか。一つ一つのプロセスを丁寧に教えます。なぜそうした翻訳になるのか、具体的な手順を学ぶことができるのです。

間違えた翻訳文については、なぜ間違っているか、正しい回答をするにはどうすればいいかまで教えてもらえます。それだけではありません。翻訳者デビューするための履歴書の書き方やトライアルに合格する方法、合学後も翻訳者としてコンスタントに稼いでいくノウハウを得ることができます。

③いつでもどこでも受講可能

在宅翻訳アカデミーはオンライン講座を採用しています。インターネットの繋がる環境であれば、好きな時間に好きな場所で学習できます。

スクールに直接足を運ぶ必要がないため、忙しい主婦やサラリーマンの方でも受講できます。家事や育児のスキマ時間、電車やバスの移動時間、出先での待ち時間などでビデオ動画を見ながら講義を進められます。

④仲間との繋がり

在宅翻訳アカデミーは仲間と交流できる機会を積極的に提供しています。

月1回の勉強会や交流会で、講師や他の受講生とコミュニケーションが取れるほか、オンライン朝活や飲み会で遠方の人とも情報交換が可能です。実際に稼いでいる卒業生の話を聞くこともでき、勉強になるでしょう。

なかでも人気なのが、オンラインのグループチャットサポートです。ここでは、受講生同士でコンタクトが取れるだけでなく、他の受講生が行った質問に対する回答も閲覧できるようになっています。

同じような境遇で夢に向かって頑張っている仲間を近くに感じることができ、「励みになる」、「やる気が湧く」という受講生の声も多数あがっています。

⑤パソコンが苦手でも大丈夫

「パソコンが苦手」という方も安心です。在宅翻訳アカデミーには、専属のパソコン講師がいます。翻訳者に必要なパソコンの扱い方について無料のサポートを受けることができます。

6.在宅翻訳アカデミーを選ぶデメリット

私自身、在宅翻訳アカデミーを受講するデメリットは特に感じません。

あえて挙げるとするならば「英検1級、TOEIC900点以上の英語力を極めたい」という人には不向きかもしれません。なぜなら、在宅翻訳アカデミーでは英語力よりも翻訳スキルの習得に重きを置いているからです。

世間一般的に“翻訳者”と聞くと、英語がペラペラでかなり高い英語力が必要であるイメージですが、そのような人たちばかりが活躍している業界でもありません。

講師の浅野氏のように、留学経験はなくTOEICで高得点を取っていなくても、プロの翻訳者として長年活動を続けているひとはたくさんいます。

たしかに英語力はあるに越したことはないのですが、それ以上に翻訳ツールなどを効率的に利用できるスキルを身に付けることが大切です。

7.在宅翻訳アカデミーは怪しい?詐欺なのか

不正をはたらく会社は、事業を行う“住所”について正式な情報を公開しません。足がついては困るので、住所は偽装してあることがほとんどです。実在しない住所を公開し、実際には、どこかのマンションやアパートの一室でこっそり営業していたりします。

この点、在宅翻訳アカデミーは安心できます。特定商取引法に基づいて、会社名や代表者、住所、電話番号などの情報がすべて開示されています。

また、国税庁の法人番号公表サイトへアクセスすれば、在宅翻訳アカデミーの運営会社である「株式会社Next Translation」が、法人として法務局への届け出を済ませていることも分かります。(詐欺を働く会社であれば、届出などしません)

在宅翻訳アカデミーの会社情報

法人番号 6010401149215
・会社名 株式会社Next Translation
・代表 阿部 佑哉
・住所 東京都港区西新橋3丁目1番2号笹井ビル6階
・電話番号 03-6402-3373
・メール info@next-translation.co.jp
・公式ホームページhttp://next-translation.co.jp/

また、在宅翻訳アカデミーは、Yahoo!ニュースや朝日新聞など、数多くのメディアで取り上げられています。チバテレの『ホリプレゼンツ求人任三郎がいく!』という番組では、在宅翻訳アカデミー校内の授業風景も放映されました。

そのほかにも、厳密な審査のいる電車のつり革広告に起用されたり、雑誌で特集を組まれた実績もある会社なので心配する必要はありません。

8.翻訳者の需要

日本国内ではグローバル化にともなって外国商品の取り扱いが年々増え続けており、海外企業からは「自国の製品マニュアルやホームページ、記事、YouTube動画などを日本語に翻訳したい」という声が多数あがっています。

にも関わらず、国内の翻訳者の数は圧倒的に少なく、需要に対し供給が追いついていません。あなたにもこんな経験はないでしょうか?海外の商品をネットで購入したが、取り扱い説明書が外国語で使い方に苦労したことが。

試しに、自分の身の回りのものが、どこの国で作られたものかを調べてみると、そのほとんどが海外製であることに驚きます。もはや、外国語→日本語の翻訳は、私たちの生活になくてはならないものです。

肝心の翻訳者が足りていない今だからこそ、プロの翻訳者を目指すことはチャンスになるでしょう。翻訳会社は多数の案件を抱えているので、参入すればすぐにでも稼ぎ出すことができます。

9.まとめ

翻訳者を目指すのに、学歴や高度なパソコンスキルなどはいりません。TOIECは500〜600点あれば十分です。在宅翻訳アカデミーでは、高い英語力がなくても、最短40日でプロの翻訳者になれるよう導いてもらえます。

将来的には脱サラをし、好きな時間にカフェやホテルなど好きな場所で働ける自由なライフスタイルを確立することも可能です。

これまでたくさんのお金や時間をかけて学んできた英語力を、宝の持ち腐れで終わらせたくない人はぜひ一度、無料講座を受けてみてください。心より応援しています。

間違えると恥ずかしい!ビジネス敬語特集

僕自身、新入社員の頃に間違えてとても恥ずかしい思いをしたビジネス敬語を14個厳選しました。敬語は相手を尊重する時に使える便利な言葉です。 しかし、使い方を間違えると、いくら態度で敬意を表していても、相手に失礼な印象や不快感を与えてしまうことがあります。是非ご覧ください▶︎YouTube「菊チャンネルへ」(*ˊᵕˋ*)੭ ੈ