1万時間の法則を短縮して素早く一流を目指すための方法3選

1万時間の法則

ABOUTこの記事をかいた人

菊之進

働く20代のためのビジネス情報専門家。明るく、楽しく、幸せにがモットー!

どうも!菊之進です。

今日は、人生を成功に導く「1万時間の法則」とは何か?ある分野で素早く一流になるためにどうしたらよいのか?についてお話しします。

こんなあなたへ

  • ある分野で一流を目指して成功したい
  • 一つのスキルを極めて人生で何かを成し遂げたい
  • 効率よく学習して最短最速ルートで夢を叶えたい

記事の内容を動画で聞きたい人はこちら

▶︎YouTube:人生を成功に導く「1万時間の法則」とは何か?スキル習得に必要なこと

菊之進
それではどうぞ!

1.「1万時間の法則」とは何か

1万時間の法則とは、その道のプロ(達人)になるには「1万時間の努力を要する」という法則のことである。

成功者と呼ばれる人たちを調べてみると、彼らが大成するまでにはザックリと「1万時間の下積み期間」があったことも分かっている。

モーツァルトやビートルズ、ビル・ゲイツなどの著名人も、世間から「本物」だと認知されるまでに、およそ1万時間の努力をしていたそうだ。

この1万時間の法則が有名になったのは、2008年のこと。

在米ジャーナリストマルコム・グラッドウェル氏が発表した『天才! 成功する人々の法則』の中で紹介されて、ニューヨークタイムズのベストセラーとなった。

それ以来、この1万時間の法則は、「何かの分野で一流を目指したい!」という人たちの心の糧となり世界中で認知された。

2.「1万時間」ってどれくらい?

1万時間と一口に言ってもイメージが沸きにくい。いったいどれほどの努力が必要なのだろうか。

  • 1日90分の努力で、約20年かかる
  • 1日3時間の努力で、約10年かかる
  • 1日10時間の努力で、約3年かかる

こうしてみると、かなりの時間が必要になりそうだ。しかし、その道のプロになるために本当に1万時間も必要なのだろうか?

3.「1万時間の法則」は間違っている?

実際のところ「プロになるのに本当に1万時間も必要なの?」と否定的な声も少なくない。彼らの意見をまとめてみた。

  • 1万時間の法則なんて嘘でしょ
  • 時間をかければ良いってもんじゃない
  • 練習の質や、指導者のサポート内容・育て方、打ち込める環境も「成功」するために重要な因子になるのでは?
  • 効率よく学べば、もっと短い時間で熟達できるのではないか?

確かにどの意見も一理ある。

そう思い「1万時間の法則」について調べてみると、この1万時間というのは「成功者たちの平均値」であることが分かった。つまり、1万時間よりもずっと少ない時間で成功者になった人もいるのだ。

4.「1万時間」よりも早く一流になる方法

「どんなスキルであれ、誰しも6カ月以内に世界クラスになれると私は信じています」

ティモシー・フェリス

『なぜ、週4時間働くだけでお金持ちになれるのか』(小社刊)で『ニューヨーク・タイムズ』『ウォールストリート・ジャーナル』『ビジネス・ウィーク』のベストセラー1位を記録したアメリカの実業家、ティモシー・フェリス氏が提言する、短時間でスキル習得を実現する3つの方法を紹介する。

①コミュニティーに所属する

目的を同じにしたコミュニティーに参加しよう。同じ志を持つ仲間から、価値あるフィードバックをもらうことで、自分を磨き続けることができるから。自分の間違いを正確に把握し、学習の改善点が得られるというメリットがある。

②トレーニングメニューを組む

単純に同じ動作を繰り返すだけでなく、具体的な目標を定めパフォーマンスの出来を確認しながら、技術の向上に努めることが大切。地道に着実に成果を積み上げるトレーニングメニューを組むことで「やりがい」も感じられる。

また、休憩時間(回復期)も計画の中にちゃんと入れよう。身をすり減らして頑張り続けても逆効果になりかねない。

③教える側になる

多くの研究から「受け身の学習」は定着率が低いことが分かっている。その一方で、自分が学んだことを文章に残したり、他者に説明したりすると定着率が一気に上がる

指導者になるメリットはそれだけではない。間違ったことは教えられないという責任感にもつながり学習の質・成長のスピードも格段に進歩する。

5.まとめ

1万時間の法則とは、成功者たちの平均の学習または練習時間のこと。これを1日になおすと、1日10時間の努力で約3年かもかる計算になる。

そんなに待ってられない方は、より素早く一流になるために、次の3点を試みてほしい。①コミュニティーに所属する、②トレーニングメニューを組む、③教える側になる。

応援していますね!それではまた。

間違えると恥ずかしい!ビジネス敬語特集

僕自身、新入社員の頃に間違えてとても恥ずかしい思いをしたビジネス敬語を14個厳選しました。敬語は相手を尊重する時に使える便利な言葉です。 しかし、使い方を間違えると、いくら態度で敬意を表していても、相手に失礼な印象や不快感を与えてしまうことがあります。是非ご覧ください▶︎YouTube「菊チャンネルへ」(*ˊᵕˋ*)੭ ੈ