転職の決断で悩むあなたに!迷いをスッキリ晴らす7つの方法

転職の決断を悩む時の解決策

ABOUTこの記事をかいた人

菊之進

働く20代のためのビジネス情報専門家。明るく、楽しく、幸せにがモットー!

どうも!転職サポーター菊之進です。

現職を続けるか転職しようか悩んでいるあなたへ。

転職はお見合いみたいなもの。

これから末長く連れ添う相手のことを悩んで当然だ。

この記事では、あなたの悩みを解決に導くために7つの方法を紹介する。

揺らいだ心を整理して、二者択一できることを目指して。

こんなあなたにオススメ

  • 将来的に転職を考えている
  • 自分が本当に何をやりたいのか分からない
  • 現職は安泰だかやりたい仕事ではなく、他に挑戦したいことがある
  • 現職の給料には満足しているが、やりがいがある仕事をしたい
  • 現職の人間関係がうまくいっておらず、転職を視野に入れはじめた
  • 転職を先延ばして、まずは資格を取ろうか悩んでいる
  • 他の企業から勧誘を受けて転職するか悩んでいる
  • 職場の雰囲気が退職しづらい
  • 転職することで、結果として後悔するのではと心配

それではどうぞ。

*転職、退職のタイミングについて悩んでいる場合は以下の記事が参考になるよ。

 

0. 現職に留まるべきか転職するべきか!?

現職に留まるべきか、転職すべきを判断するために「転職軸」を身につけることをおすすめする。

その前に、この二つの選択はトレードオフの関係になっている事を理解しておこう。

トレードオフとは、一方を達成しようとすると、他方の何かを犠牲にせざるを得ない関係のこと。

例えば、「高収入」を求めて転職したら、前職に比べて「プライベートの時間」が減ってしまったとか。

転職して「福利厚生」が良くなったが、「仕事のやりがい」は前職よりも落ち込んでしまったなど。

何かを得ると何かが犠牲になり、転職すれば100%ハッピーになるとは限らない。

しかし、総合的にみて前職より満足度の高い転職を成功させることは可能だ。

そのためには、何を選ぶことが自分にとって最適なのか、一時の感情や周囲の意見に流されない「転職軸」を備える必要がある。

現職に対する不満と転職に対する期待

今この記事を読んでくれているということは、現職に対して色々と思い悩むことがあるのだろう。

  • プライベートの時間を取りたいため、残業が少なく待遇の良い会社で働きたい
  • 悪化した人間関係を一旦リセットして、次の職場でやり直したい
  • 低賃金でこき使われているので、年収アップを目指したい
  • 仕事楽しくないので、やりがいのある仕事がしたい

これらの気持ちに踏ん切りをつけるためにも、現職に留まるか転職するかを決める凛とした軸が欲しい。

「転職軸」が無いとせっかく転職しても後悔する

実は、転職した人の約6割は、自身の転職軸が甘かったことを後悔している。

以下に示す20 代の 転職活動経験者 500 人に行なった「転職活動に関する調査」を見て欲しい。

入社前の情報収集が足りなかった(36.4%)を除いて、その他の後悔(計56.6%)は転職軸がブレていたことが原因だ。

転職する際の判断軸さえしっかり持っていれば、以下の後悔は回避できる。

  • 納得しないまま入社をしてしまった(17.8%)
  • 仕事内容・業界に導かれて入社をしてしまった(17.6%)
  • 給与や待遇に魅力を感じ入社してしまった(10.8%)
  • 企業規模やネームバリューに惹かれて入社してしまった(10.4%)

会社の一側面だけみた魅力に踊らされ、選んでしまうと禄なことはない。

あなた自身のブレない「転職軸」を身につけよう。

そうすれば、現職に留まるか転職した方が良いか自ずと答えが見つかる。

1. 何を優先して転職するかブレない「転職軸」を身につける

あなたの「転職軸」は何だろう。

転職軸=「転職を決断する判断軸」

以下の表を用いて、自身の転職軸を完成させよう。

転職軸=「転職を決断する判断軸」

転職軸=「転職を決断する判断軸」

あなたが、転職先に希望する(譲れない)項目、妥協しても良い(犠牲になってもいい)項目。

それぞれに、優先順位をつけて自分なりに「見える化」しておくのがミソ。

何を持って転職が成功したと言えるのか。

あなたにとっての成功(悔いのない転職)の軸を把握しておこう。

この表を用いて、今勤めている会社に不満に思うこと、逆に満足していることを掴んでおく。

その上で、今の会社を超えるあなたの希望に沿った企業が見つかったとしたら。

あなたは、現職に留まるよりも転職した方が良いのだ。

2. あなたの適性「自分の持ち味」を知る

あなたに合った仕事を手っ取り早く見つけるためには、あなた自身の適性を探るのが一番だ。

実際に、転職経験者が転職活動する上で、最も力を入れることは「自分探し」である。

自分探しとは「自分の持ち味や強み」「やりたいこと」を明確にする事だ。

以下、リクルートキャリアが転職決定された方1,201名を対象に行なったアンケートを見て欲しい。

「力を入れたこと」上位2位は、自己分析であると言えよう。

僕は、自己分析とは自分と企業のマッチングスキルだと考えている。

自分自身をプロデュースして天職を見つける能力。

自分のやりたい事や好きな事を理解した上で転職に望めると、後々になって後悔しない。

転職を成功に導く自己分析の方法と、「自己分析してて助かった!」と思えた面接官からの質問一覧を以下の記事にまとめたので合わせて読んでね。

3. 自分に合う仕事が見つかる!抜け目なく企業の情報を集める

企業分析する際は、情報の偏りを防ぐために様々な媒体から情報収集するのがベスト。

転職経験者1,414名を対象にした「転職活動の情報源は何か」のアンケートを見て欲しい。

転職経験者が情報収集に使う手段は以下の通りだ。

1位:転職情報サイト

2位:人材紹介会社

3位:ハローワーク

4位:求人情報誌・フリーペーパー

5位:友人・知人

上記媒体を情報収集に使うメリットを表にまとめたのでご参考に。

手段 メリット
転職情報サイト(DODA、リクナビNEXT、マイナビ転職、エン転職、口コミサイトなど) 圧倒的な求人数で幅広く様々な会社を自分のペースで探すことが可能。スカウトメールを活用すると、おすすめの求人情報や企業からのオファーをもらえる。企業の口コミサイトも活用すると職場の雰囲気や給与の実態、会社の将来性などの情報を得る事ができる。
人材紹介会社(DODAエージェント、リクナビエージェント、マイナビエージェント、エンエージェントなど) 転職情報サイトに比べると求人数は劣る。専任のキャリアアドバイザーが付いて転職に関する相談、あなたに合った求人紹介、応募書類作成、給与交渉、面接対策などを無料でサポートしてくれる。非公開求人もある。
ハローワーク 地方(地元)の求人や中小企業などの求人に強い。失業保険の申請ができ、就職に向けたスキルアップのための職業訓練を受けられる。
求人情報誌(タウンワーク、フロムエーなど) 地域密着型で、地元の求人に関しては幅広く掲載されている。各種求人情報が業種や職種、勤務地ごとに掲載されている情報誌。
友人・知人  企業に勤める友人からの紹介という事で、その企業の情報を細部まで聞きだす事ができる。

僕のオススメは企業の(元社員による)口コミサイトを活用する事。

口コミサイトでは、企業の給与体系から働く環境、やりがい、残業や休日出勤の有無、ホワイト/ブラック企業、女性の働きやすさなどより細かい情報を収集できる。

僕自身、自分の勤めていた会社に関する200件以上の口コミを確認したが、かなり当たっていてビックリした。

以下の記事で、無料で使えるオススメの口コミサイトを紹介しているのでご参考に。

 

尚、職業分析(どんな職種があるかの確認)をしたい場合は、以下の職業図鑑がオススメ。

ファンタジー世界を彷彿させる職業イラストにテンションが上がり(僕だけかもしれないがw)

まるでRPGゲームの中の主人公にでもなったかの様に、楽しく転職できる気持ちにさせてくれる。

どの職業もカッコよく輝いて見えるので、選ぶのが楽しくなってしまうほど。

年代別の平均給与、仕事内容、仕事の就き方などの基本情報から、各業界の起源や特徴、業界あるあるまで気になる情報も掲載だ。

企業分析も職業分析も大事な情報を逃さない様に、アンテナを貼っておこう。

現職よりもやりたい仕事、現職を活かした仕事が見つかるかもしれない。

4. 資格を取ることよりも大切な事に注力する

国家資格が必要な職を除いて、資格保有はそれほど意味をなさない。

「資格が無いとなんだか不安・・」という気持ちも分かるし、「資格をとれば自信に繋がる」という気持ちも分かる。

しかし上図に示される通り、資格保持は採用担当者が求める要素の僅か6%に過ぎない。

より重視するのは「何ができるか」「どのように企業貢献できるか」「熱意があるか」である。

企業から見ると、職務経歴(実務経験)を伴わない資格は、応募者の不安を和らげる単なる「お守り」。

厳しいことを言うが、お守りを持っていても未経験者には変わりないのだ。

とあれば、話は早い。

資格取得に躍起になるよりも、まっすぐ転職活動をした方が早い。

今までの職務経験が次の仕事でどのように活かせるかアピールしよう。

資格は、専門分野の知識を深め、更なる経験を積むための道具に過ぎない。

実務経験を強化するための補助として、関連する職に就いてからじっくり取得したら良いのだ。

5. 人間関係はリセットできる!一からやり直す

現職で、劣悪な人間関係の元働いているのなら、迷う事なく脱出する事をおすすめする。

上司や先輩のパワハラで悩んでいるにも関わらず、我慢する人は悲惨な結末を迎えるからだ。

僕は、鬱や双極性障害、統合失調症を発症して、自殺未遂までした人を何人か見てきた。

心身の異変に気づいたら、早々に部署異動を願い出るか転職の準備を試みた方が良い。

人間関係はいつでもリセットできるのだから。

ちなみにリクナビNEXTによると、退職理由のワースト1位は、上司・経営者・同僚・先輩・後輩との人間関係の悪化である。

出典:キャリアトレイン(リクナビNEXT調べ)

1位の「上司・経営者の仕方が気に入らなかった」の具体的な不満は、以下に示す通り。

  • 部下の成績を自分の手柄にする
  • 自分の失敗を部下に押し付ける
  • 機嫌が悪いと、ミーティングで執拗以上に攻め続ける
  • トラブル発生時にまくし立てる
  • 顧客に会いに行くフリをして自分の家に帰る

上司との人間関係に大きな確執があるのだから、これを回避することは当然だ。

しかし、回避することに否定的な人がいる。

逃げ出し転職は良くない」とか「人間関係で退職する人は、転職先でもうまくいかない」

と言う人達だが、僕はそうは思わない。

転職先で、水を得た魚のようにイキイキとした人もたくさんいる。

僕たちは何度もやり直すことができるし、その都度失敗を活かしてより良い環境にしていくのみだ。

結論、「人間関係の悪化」は退職する理由としては、十分すぎるということ。

もし、あなたがパワハラ被害を受けて、悩んでいるのなら以下の記事も参考にしてね。

6. 未練残さず思い切ってキッパリと退職する

勤め先がホワイト企業の場合

「たくさん指導をしてもらい、恩義があるので辞めづらい」

「上司も先輩も優しく、気にかけてくれる、申し訳なさでいっぱい」

恩義を感じているなら尚のこと、直属の上司に早く申し出た方が良い。

会社としては、あなたが退職した後のことを考えて、次の人を補完しないといけない。

大抵の場合、就業規則に「何ヶ月前までに退職の申し出を」と記載があるのでこれに従おう。

退職理由は、「〇〇の業界で〇〇にチャレンジしたい」など前向きなものを伝える。

そうすることで、納得してもらいやすく、退職した後も良好な関係が保てる。

退職の交渉が、無事に終わったのちに退職願・届けを提出し、引き継ぎ業務をこなし、有給休暇を消化するのが理想の流れ。

退職日が決まったら社内外の関係者に退社の挨拶をすることも円満退社の秘訣だ。

勤め先がブラック企業の場合

上司が怖くて切り出せない。

申し出ても辞めさせてくれない。

出社せずに退職したい。って時は、退職代行を使おう。

上司と顔を合わせずに、会社の人にも合わずに退職できる新しいサービス。

正社員・契約社員なら費用は50,000円と値が張るが、それでも使いたい人が急増している。

そろそろ会社辞めませんか? | 退職代行なら、EXIT

7. 覚悟を決めて決断する

さて、現職に留まるか、転職して新たな世界に踏む込むか。

は一つに決まっただろうか。

最初の一歩を歩むには、勇気がいるね。

そして、選んだ道(現実)を受けとめ真剣に向き合う覚悟も必要だ。

覚悟とは自分の選んだ選択に責任を持つこと。

ここぞの時にリスクを背負うからこそ、僕たちは持てる力を最大限に発揮できる。

さぁ、覚悟を決めて決断しよう。

どうしても決められないって時は、以下の記事を参考にしてね。

 

最後に、偉人たちからのアドバイスを紹介する。

迷いを晴らす一助になればと嬉しい。

悩み事は次の三段階の解決策によって克服することだ。

  1. まず最悪の事態を考えてみる。
  2. どうしても避けられないとわかったら、あっさり覚悟を決める。
  3. 次いで、気を落ち着けて、事態の改善に取りかかる。

デール・カーネギー

 

たいていの人は

ほんとうになにがほしいのか

心の中でわかっています。

人生の目標を教えてくれるのは直感だけ。

ただ、それに耳を傾けない人が多すぎるのです。

バーバラ・ブラハム

 

人は心が愉快であれば

終日歩んでも嫌になることはないが、

心に憂いがあれば

わずか一里でも嫌になる。

人生の行路もこれと同様で、

人は常に明るく愉快な心をもって

人生の行路を歩まねばならぬ。

シェイクスピア

 

人生とは自転車のようなものだ。

倒れないようにするには

走らなければならない。

アインシュタイン

 

死を前にしたとき、

みじめな気持ちで人生を

振り返らなくてはならないとしたら、

いやな出来事や逃したチャンス、

やり残したことばかりを思い出すとしたら、

それはとても不幸なことだと思うの。

オードリー・ヘップバーン

 

逆風は嫌いではなく、ありがたい。

どんなことも、

逆風がなければ次のステップにいけないから。

イチロー

 

そのせいで落ち込んでしまうぐらいなら、

不満の種を捨てちゃえばいいのよ。

ティナ・ターナー

 

悲観主義者は風にうらみを言う。

楽観主義者は風が変わるのを待つ。

現実主義者は、帆を動かす。

ウィリアム・アーサー・ウォード

 

どうやって生きるかなんてことは、

誰も他人に教えられないよ。

それは、自分自身で見つけるものだ。

ボブ・マーリー

出典:癒しツアー

8. まとめ

この記事で一番伝えたかったことは、ブレない「転職軸」を身につけること。

自己分析をしっかり行って、向かうべき方向性が見えた時。

もうあなたには迷いはないはず。

あとは選択するのみ。

今のままか、次に進むか。

覚悟を決めよう。

どちらを選んでも、素敵な人生を見つけていって欲しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です